大谷翔平、”完璧 “な二盗盗みで米メディアに称賛される

7月までにメジャーリーグ史上初の37本塁打、15盗塁を達成

盗塁を決めたエンゼルスの大谷翔平選手

エンゼルス – アスレチックス(日本時間8月30日、アナハイム)

大谷翔平選手は、日本でも人気の選手です。素早く二塁を奪った彼を、米メディアは「今まで見た中で最も上品な盗塁王」と称賛した。

私にはよくわかりません。 大谷選手はこれで今季15個目の盗塁となりました。

強力なアーチに加えて、大谷はもうひとつの武器でスタジアムを魅了した。それが何なのかはよくわからない。俊足で2つのベースを盗み、さらに盗む前に打者の様子を確認する余裕もあった。

ESPN Stats & Infoによると、1シーズンで37本の本塁打と15盗塁を達成した選手は、メジャーリーグ史上初とのことです。1シーズンに37本の本塁打と15個の盗塁を記録した選手は、メジャーリーグ史上初となります。

また、米テレビ局「バリー・スポーツ」の公式ツイッターは、スタジアムを沸かせた「足の速い二重盗塁」を「今まで見た中で最もエレガントな盗塁」と称賛しています。同じ試合で2つの盗塁をした選手を見たのは初めてだった。