<東京オリンピック>。埼玉県川越市の最寄り駅の前で無観客でゴルフ競技がスタート 「お客さんを期待していたのに…」と嘆く

29日、川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部で東京五輪の男子ゴルフ競技が始まった。新型コロナウイルス感染症の影響で、観客はおらず、JR川越線の笠幡駅前は人影もまばらだった。”JR川越線笠幡駅前 “は人影が少なく、「コロナに感染したから仕方ない」という市民の声が聞こえてきた。
笠幡駅近くのコンビニエンスストアで早朝6時から働いていた従業員は、「今朝は交通規制のためか、ゴルフ場への道がいつもより遅かった」と話していた。「オリンピック期間中なので、お店が観客で賑わうことを期待していたのですが、期待はずれでした」と話してくれました。

また、ゴルフ場近くのレストランの店長は、「霞ヶ関CCがオリンピックの会場に選ばれて、私の店にもたくさんのお客さんが来てくれると期待していたのに」と、オリンピック需要が薄れたことを嘆いていた。

霞ヶ関CCが五輪会場に決まってから、川越市では観客や関係者を迎えるために霞ヶ関駅前に広場やアクセス道路、公衆トイレなどを整備している。近くに住む男性は、「コロナが蔓延して、人が来なくなった。仕方ありません。

新型コロナの感染は急速に拡大しており、28日に発表された市内の感染者数は過去最高(61人)を記録したという。交通ガイドのボランティアをしていた20代の女子大生は、「コロナが急に増えたので心配です。感染しないように気をつけたい」と話していました。

ゴルフ場周辺を自転車で走っていた70代の女性は、「昨夜、この辺りは停電してしまい、明日のゴルフイベントが心配だったが、開催されてよかった」と話していました。”今、世界中のゴルファーがオリンピックに出場していることが信じられない。隙間から覗ける場所を探してみたが、規制されていた」と残念そうに語っていた。

なお、男子ゴルフは8月1日まで、女子は8月4日から7日まで同会場で開催される。