“私はルールに反することはしない。私はプロですから。” – ハリウッドザコシショウ、コンプライアンスについて

ハリウッドザコシショウ

“テレビでは見られないものを入れるのがライブの面白さ”

R-1ぐらんぷり2016」で優勝し、今年の「R-1グランプリ2021」の審査員を務めているハリウッドザコシショウは、8月に2年ぶり12回目のワンマンライブを開催する予定だ。非常識なネタでファンを増やしている彼だが、その一方で「すべてが計算された笑い」と、几帳面な一面も見せている。そんな “芸人が憧れる芸人 “ハリウッドザコシショウさんに、和の時代のコンプライアンスについて聞いてみました。

–2年ぶりの単独ライブについて、率直な感想をお聞かせください。

“新型コロナウイルス “の影響で昨年は中止しましたが、当時と比べて今は状況が良くないので、今年開催するのはおかしいと思っています。今できるのであれば、去年もできたはずです。もちろん、1年経っているので、対処法もわかっているとは思いますが、…….。まだキャパシティが50%なので、ベストな状態ではないと感じています。もちろん演奏できることは嬉しいのですが、正直なところ複雑な心境です。

–ワンマンライブの2日目には、初めての映像配信も予定されています。

“本当のことを言うと、ストリーミングなしでやりたいんです。本音を言えば、ストリーミングでなくてもやりたい。なぜなら、ストリーミングでは、地上波放送と同じレベルのコンプライアンスが必要だからだ。これはもう仕方のないことですが、コンプライアンスは年々厳しくなっています。昔は、ライブはテレビとは別物で、それがライブの楽しみのひとつでもありました。もちろん、ライブにはコンプライアンスのルールがあり、何を言ってもいいというわけではありませんが、テレビに比べると少し基準が緩くなっています。

–熱心なファンのためのクローズドなライブは難しくなってきていますね。

“攻撃的なことを言ってはいけない “というのは本当ですが、今は言葉狩りのようなものですね。以前、個展でグッズを買ってくれた人だけのミニライブをやったとき、今日は本気のファンしかいないので、ちょっと気になることを言ってしまいました。ちょっとしたジョークだったんだけどね。 そしたら「そんなこと言っちゃダメだよ!」って言われて。そうしたら、会場の一人が立ち上がって「そんなこと言っちゃダメだよ!」と怒鳴ってくれたんです。

–でもやっぱり、できるだけアグレッシブなネタをやりたいんですよね。

“攻撃的なものをやりたい “ということではなく、テレビでは見られないようなものを入れたほうがいいと思うんです。テレビでは見られないものを入れるのが、ライブの醍醐味だと思います。模型ですよね。 そこの巨大な模型を使ったストーリーがあって、ライブに限定すればギリギリできるんだけど、そういうのはもうテレビではできないよね。ちょっと前まではできていたんですが、事前にディレクターやプロデューサーに確認を取ると、「わかりました」とか「やってください」とか言ってくれるんですが、結局、放送にはならなかったんですよね。しかし、結局、放送には至らなかった。何度か放送されないうちに、気づいたんです。もう無理だと悟ったんですね。でも、私はルールに反することはしません。私はプロだから」。

–以前から、すべて計算された笑いだと公言していました。

“適当にやっている “と思われがちですが、綿密な打ち合わせと計画を立ててやっています。視聴者の方は、私が適当に現れて、適当にやっていると思われるかもしれません。でも、その点も考慮しています。行き当たりばったりに見えるほうが面白いし、計算、計算、計算でやっているほうが面白いし、そういうバカなことをやっているほうが面白い。芸人は売れたら勝ちなんですが、僕は後から売れた芸人なので、どうやって売ればいいのか、どうやって埋もれないのかを考えてきました。どうやって売ればいいのか、どうやって埋もれないのかを考えてきました。叫びながらドラムを叩いて出てくる人はあまりいないですよね。あえてお笑いの世界で過疎化しているジャンルに出演しているわけですが、ただ単にネタがないからやっているわけではありません。

ハリウッドザコシショウ

–ヌードのコンプライアンスについてどう思いますか?

“ヌードのコンプライアンス “についてはどうお考えですか?例えば、乳首が映っていたら、お金を稼ぐことはできませんよね。例えば、乳首が映っていたら、お金を稼ぐことはできません。ただ、個人的には、ツイッターでグラビアアイドルが乳首をギリギリまで見せてもOKなのに、ペニススティックのモデルは削除されるというのが理解できません。私のはモデルです。それが許されないなら、乳首がギリギリで触れているものは削除されないのか?グラビアアイドルが平気でエロい写真を載せるのは腹が立ちますね(笑)。

–R-1グランプリ2021」では、審査員のスーツ姿が話題になりました。

R-1グランプリ2021」では、審査員のスーツが話題になりましたね。ふざけるのは失礼だと思いました。審査員がふざけているのは違うと思っていて、主役は出場者だと思っていたのですが、放送後に『なんでそんなに真面目なんだ』と言われてしまいました。でも、時間に追われていたので、ふざけている暇はありませんでした(笑)。(笑) 一番最初の松本倶楽部のコメントのところで、カメラが私に来たときにはゾッとしました。同じ事務所なので私だと思うのですが、「最初の番組だし、定番のラインナップは陣内(智則)だろう!」と思っていました。と思っていたので、ちょっと頭が真っ白になってしまい、軽口を叩いた程度だったと思います。

–審査基準や今後のプロモーションについて、どのようにお考えですか?

“私には様々な審査基準がありますが、その1つに「ジョークの数」があります。私の審査基準のひとつは、ジョークの数です。あくまでも “ピン芸人 “を対象としているので、一人コントのように、ボケにたどり着くまでに長い前置きや段取りが必要なものは、ギャグやフリップのネタに比べて不利になります。今、「キングオブコメディ」が勢いづいていますよね。R-1」には「芸歴10年以内」という制約があるので、予選落ちした実力者の多くが「キングオブコント」に引き抜かれています。そういう意味では、コンクールが若くなりすぎたと感じています。

–コンプライアンスが厳しくなる中で、今後、ご自身の芸風に変化はありますか?

“トークショー “をやるのは構わないのですが、皆さんが “雑貨屋さん “に求めているものがあるので、世代交代してしまうとまずいですよね。僕は日本のお笑い芸人の中でトップ3に入るクレイジーな芸人だと思っていますが、七光りのクレイジーな芸人が出てきて、その枠から押し出されたら、引退すると思います。押しのけられて、「俺もしゃべれるんだ」となったら、俺は負け犬ですよ。それを守らないといけない。プロレスではありませんが、出る杭は潰すという気持ちでこれからもやっていきたいと思います。

■ハリウッドザコシショウ(はりうっどざこししょう)

1974年2月13日に静岡県で生まれた中澤滋紀は、1992年に高校の同級生と一緒に大阪NSCの11期生として入学しました。
1993年にお笑いコンビ「G★MENS」としてデビューし、2002年からはピン芸人として活動し、「R-1グランプリ2016」で優勝。
2009年には、今年から再スタートした「R-1グランプリ」の審査員を務めた。
大阪NSCでの同期には、陣内智則、中川家、ケンドーコバヤシ、たむらけんじなどがいる。