33歳で初の五輪を迎えたレスリング女子76kg級の皆川博恵さん、京都の父の教室が出発点

33歳にして初のオリンピック出場を果たした女子76kg級のレスリング選手、皆川博恵(旧姓:鈴木)さん。父・鈴木秀知さん(70)=京都府宇治市=が始めた宇治レスリング教室が原点だ。8月1日から始まるクラスで頂点を目指している。

宮城県出身の秀知さんは、日体大を卒業後、1975年に宇治高校(現・立命館宇治高校)に転入。授業にレスリングを取り入れ、約5年後にようやくマットを購入。その数年後には、同じ高校を拠点に、地元の子供や大人を対象としたレスリング教室を開設しました。

高校生が受け手となり、若い子たちがタックルする。女性の親御さんも参加して、賑やかな教室となりました。幼い博恵さんは、兄の崇之さん(38歳)と一緒に教室に参加し、「気がついたらプロレスをやっていた」と言っていました。大きな目でマットの上を動き回る少女は、「2歳の最年少力士」として新聞記事に取り上げられたこともある。

秀知さんは、他県の部員を自宅に泊めたりして、多いときには10人もの部員が同時に住んでいたという。思春期だった博恵さんは、どこに行っても大勢の男性と一緒に生活することを露骨に嫌がったという。母のみち子さん(67歳)は、「兄と父は『巨人の星』のような関係だったけど、博恵さんは嫌だと思ったら絶対に練習に行かない。そんなわがままな娘が世界の舞台で戦っているなんて信じられない」と笑う。

中学では陸上部に所属。レスリングの練習は、週に1〜2回しかしない時期もあったという。秀知さんは、「博恵がずっと続けてこられたのは、強制的に競技をさせられたわけではないからです。強制的な練習は受け入れられませんでした」と振り返ります。

東京五輪の出場権を争う2019年の世界選手権を数カ月後に控え、初めて娘から「練習を見てほしい」と言われたという秀知さん。”それだけ彼女がオリンピックを気にしていたということだと思います “と秀知さんは言います。子供の頃に一緒に汗を流したマットを思い出しながら、アドバイスをしてくれました。

8月1日には、準決勝が行われます。金メダルの試合は2日。