侍ジャパンは、1回負けても金メダルが取れる 超複雑な決勝トーナメントで1位通過

準々決勝はもちろん、準決勝で負けても、そのあとに敗者復活戦がある。

3月31日、東京オリンピックの野球日本代表「侍ジャパン」は、横浜スタジアムでメキシコに7-4で勝利し、グループAを1位で通過しました。グループリーグで2連勝したことにより、決勝トーナメントの準々決勝でグループBを1位で通過したアメリカと対戦することになりました。

グループAでドミニカ共和国とメキシコを破った侍ジャパンは、1位で決勝トーナメントに進出し、準々決勝でグループBを2連勝で1位通過したアメリカと対戦します。しかし、東京オリンピックでは、決勝トーナメントの日程が変則的に組まれているため、日本が一度負けても、金メダル獲得の可能性がなくなるわけではありません。

侍ジャパンはグループAを1位で通過したものの、参加国6カ国すべてが決勝トーナメントに進出する。たとえ2連敗しても、決勝トーナメントへの進出が決まっている。グループリーグはチームの順位を決めるために行われ、それぞれのグループで1位となった日本とアメリカは準々決勝で激突することになっています。各グループ2位のドミニカと韓国、各グループ3位のメキシコとイスラエルはトーナメント1回戦で対戦し、それぞれの勝者が準々決勝で対戦する。

また、複雑な敗者復活戦システムが導入されており、3位のチームだけが1敗でトーナメントから脱落します。日本が1位同士の準々決勝で負けても、2勝すれば決勝に進出できる。また、日本が準決勝で敗れても、次の敗者復活戦で勝てば決勝に進出できる。試合数は増えますが、勝利への道が絶たれるわけではありません。侍ジャパンには、この難しい組み合わせから離れて、3連勝で金メダルを獲得してほしい。……