高倉監督、長谷川が指摘した「女子サッカーの変化」。なでしこは世界から取り残される[東京五輪]

なでしこジャパンの運命は、グループステージを3位で通過した時点で決まっていたのかもしれない。

7月30日に行われた東京オリンピックの準々決勝で、なでしこジャパンは、2大会ぶりのメダル獲得が期待されるアメリカを差し置いて、グループGを1位で通過したスウェーデンに1-3で敗れた。

“高倉麻子監督 “は「試合の入り方が柔らかすぎた」と指摘する。

これは、高倉麻子監督が以前から指摘していた課題です。高倉麻子監督は、長い間この問題を指摘してきました。”ずっと前から言っているんですが…… “と嘆いていました。

たまたま近くの席で試合を取材していたスウェーデンの通信社「TT News Agency」のラッセ・マンハイメル記者も、「日本は非常にスロースターターだった」と指摘した。

それでも、清水梨紗と連係して右サイドを攻めた長谷川唯のクロスから、前節の活躍で先発出場を果たした田中美南が左足でゴールを決めて同点に追いついた。その後、試合のペースは握られていたが、”決定的なチャンス “があるとは思えなかった。

そして53分、一瞬の隙を突かれ、ハンドによるPKを獲得して勝負あり。ベンチの交代要員を見ると、2点差に追いつく選手はおらず、この時点で事実上、勝負は決まっていたのである。

やはり世界の壁は厚かったと言わざるを得ない。高倉監督は「フィジカルな要素を補うためにレベルアップの努力をしたが、世界の女子サッカーの急速な進歩の範囲は、私の計算とは少し違っていた」と正直に語った。

やはり、身長や体力で勝る相手には太刀打ちできなかったのだ。大会前のトレーニングマッチのときから、簡単にクロスを入れすぎてしまうという問題があったが、これも修正できなかった。サイズで勝てないなら、相手に競らせないようにするしかないのですが、空中戦で先制点を奪われてしまいました。しかし、空中戦で先制点を奪われ、「相手の得意とする形でやられてしまった」とキャプテンは悔しがった。

キャプテンのDF熊谷紗希は「上手いだけでは勝てない」と指摘し、主力のMF長谷川唯は「イングランドやスウェーデンは高さやフィジカルの強さはあるが、それを保持して良いポジションに立ち、ポゼッションをするチームだ」と語った。ヨーロッパのサッカーは変わってきている。日本はもっと理論的なアプローチが必要だ」と危機感を募らせた。

テクニックや連動性といった特徴は残しつつ、日本は高い強度やボールのインターセプト、スピードなどの面で強化する必要がある。日本人は体力がないと言われているにもかかわらず、遠藤航がブンデスリーガのデュエルキングで優勝した。女子でもそんな選手が出てきてくれたら嬉しいですね。

高倉監督や長谷川が指摘した「変化」になでしこがついていかなければ、世界から取り残されてしまう。