田中碧がニュージーランド戦を「正直言って面倒くさい」と言った理由。日本の対策は驚きの連続だった【東京五輪】

7月31日、東京オリンピックの準々決勝に進出したU-24日本代表は、U-24ニュージーランド代表をPK戦の末に破り、準決勝に進出した。

序盤から相手の戦い方は徹底していた。今大会で初めてシステムを5-3-2に変更し、日本の4-2-3-1に対して、選手配置のあらゆる部分で優位性を出そうとした。

DF吉田麻也とDF冨安健洋のセンターバックから、2トップがビルドアップをコントロールする。日本のダブルボランチとトップ下は中盤の3人がマンツーマンでマークし、両翼とトップ下は3バック+両ウイングバックで対抗した。

この「日本対策」の戦術が見事に功を奏し、試合はどちらもゴールを奪うことなく延長戦へと突入したのである。最後まで勢いを失わなかったニュージーランドの組織力は驚異的で、負傷者が出て4-3-1-2のシステムに変更しても、守備網に穴はなかったのである。

中盤で相手にずっとマンマークされていたMF中碧は、「ポジションをずらしても、あんなにマンマークされたことがなかったので、正直、面倒でした。

いつものようにボールを触ることができず、あまり前を向かせてもらえませんでした」。それでも「ボールを触らなくてもいいと思った」と、あえてチームメイトのためにマークマンを引き受けて、動き続ける時間を作った。田中も「自分がボールを受けることも大事ですが、自分のところにボールが来るということは、誰かがフリーになるということなので、それをよく見極めながらボールを運ぼう」と考えていました。

“シュートを打つ “というシーンがありましたが、あそこで決められれば、もっと楽に試合を進められたと思います」。

中盤で田中、MF遠藤航、MF久保建英がマンツーマンでマークされて脱落すると、攻撃が思ったように機能しないという現実が浮かび上がってきた。準決勝進出により、目標としていた金メダル獲得に近づきましたが、まだまだ改善すべき課題があります。

“このチームでどうしても金メダルを獲りたいので、みんなで力を合わせて、史上最強のチームになるような結果を残したい “と思っています。

あと1勝すればメダルが確定する。しかし、田中に言わせれば「銀メダルも今日(準々決勝)負けたのも同じ」。まずは、苦しみながらも勝利をつかんだ準決勝のU-24スペイン代表戦で、日本のポテンシャルを見せたいという。