有村架純、両親の離婚が意識を変えた。「穏やかな気持ちになれる」

有村架純

女優の有村架純さんが、1月1日に放送されたフジテレビ系「ボクらの時代」に出演しました。子供の頃に両親が離婚したことや、父親としての役割を意識するようになったことなどを語りました。

この日の放送では、有村さん、柳楽優弥さん、そして8月6日公開の映画「太陽の子」に出演する國村隼さんが登場しました。放送のテーマが幼少期だったこともあり、有村は「生い立ちとしては、両親が離婚しています」と家庭環境に触れた。

離婚前に家族4人で過ごしていた頃は、「何も考えない次女のような性格と、末っ子のような性格で、たぶん自由奔放に生きていたと思います」と振り返り、離婚後は母親が妹と自分を育ててくれたようだ。

離婚後は、母親が自分と妹を育ててくれたようです。しかし、その過程で、彼女の感覚が変わってきたようだ。「一人で生きていかなければならない。母を支え、妹を守り、父親としての役割を果たさなければならない」と、父親としての自覚が芽生えてきたという。

國村は、小学校4年生頃にこの感覚を身につけていたことを知り、「すごいですね」と驚いていた。國村は驚きながらも、”すごいですね “と言った。続けて、「家の中が不機嫌な時があった」「学校でも友人関係がうまくいかず、その時にいろいろなことに気づいた」と語った。

このエピソードに対し、國村は「気付いたの? 國村はこのエピソードに驚いた。有村は「私はよく冷静だと言われますが、冷静さを保たなければならないという意識が強いのでしょう」と自己分析していた。