大谷翔平選手が決勝戦でタイムリー弾を放ち、チームは打率を5割に戻し、打点王まであと「1」となり、打点王の二冠達成を目前にしています。

【米大リーグ】エンゼルス-アスレチックス(日本時間7月31日、8月1日、アナハイム/エンゼル・スタジアム

エンゼルスに所属する大谷翔平投手は、「2番DH」として初出場し、第2打席でタイムリーツーベースヒットを放ち、チームの勝利に貢献しました。

3回表、1アウト1、2塁の場面で、大谷選手は右中間に秒速178キロの弾丸ライナーを放ちました。これがこの試合での両チームの唯一の得点となり、ワイルドカード争いで苦境に立たされていたチームの勝率を5割に戻す貴重な一打となりました。

また、この試合で両チームが獲得した唯一の得点となりました。本塁打数は37本でリーグトップ、打点はブルージェイズのゲレロJr.に1点差です。二冠王を目前にしている。
(アベマ「SPORTSチャンネル」)