森保ジャパン、カタールW杯までAチームを指揮

7月31日、サッカー男子日本代表の森保一監督(52)が、五輪後のワールドカップ・カタール大会まで引き続き指揮を執ることが確定しました。

日本はPK戦を制してメダルを獲得し、7月3日に行われる準決勝のスペイン戦に勝てば、半世紀以上ぶりにメダルを獲得することができます。ニュージーランドとの激戦を制した監督は、「次のスペイン戦では、タフで粘り強い戦いをしたい」と語った。

日本協会の関係者によると、東京オリンピックを視察したスカウティンググループは、森保監督について「結果も大事だが、試合の内容も大事。9月に始まるカタールでのワールドカップ、そして来年の本大会に向けて、大きな可能性と希望を感じさせる試合だった」と、多くの解説者が語っていた。

1ヵ月後の8月31日には、日本代表の強化を担当する日本協会の技術委員会が開催される。それまでの間、現地を視察するグループは、いくつかのディスカッションを行い、その結果と評価を委員会に報告することになる。このグループには技術委員会のメンバーが複数名含まれているため、技術委員会による「突然の解任」の可能性は限りなくゼロに近い。ここまで代表チームの指揮を執り、ワールドカップのアジア2次予選では全勝し、9月から始まる最終予選への進出を決めている。彼にはほとんどデメリットがありません。本大会も残すところあと2戦となりました。結果はどうあれ、この大会が終われば五輪代表は解散し、この世代の監督たちの仕事は終わるが、五輪後も「森保ジャパン」は日本サッカーの中心的な役割を果たし続けるだろう。