“川口能活 “がトレンドになっています。7月31日午後6時から始まったPK戦で神がかり的なセーブを見せた。

<東京オリンピック(五輪)>。日本0(4PK2-0)、ニュージーランド>男子準々決勝◇31日◇カシマスタジアム

17年前の7月31日、ツイッターで「川口能活」がトレンド入りしました。17年前の7月31日、中国で開催されたアジアカップ2004の準々決勝で、日本はヨルダンにPK戦で勝利した。この前代未聞の試合では、PK戦の途中でエンドが変更されました。ゴールが決まれば負けてしまう状況の中、川口コーチがビッグセーブを見せ、日本を勝利に導いたのです。

あの日からちょうど17年後、川口コーチは神様のように称えられた。同じ日、7月31日のことである。キックオフの時刻も同じ日の午後6時だった。しかも、同じ準々決勝で、PK戦。いったいどんな偶然なのだろうか。”川口能活 “はコーチとして日本を守っていた。彼の指導を受けた日本のGK谷は、1本目のPKを決めたが、2本目はセーブした。PK戦の途中で終わり方が変わったわけではないのに、7月31日午後6時にキックオフされたPK戦では、勝利の女神が日本に微笑んでいるように見えたのである。