瀬戸大也さんが動揺から立ち直るための妻の “裏方 “としての献身。

もっと活躍したかったですが、精一杯やったのでホッとしています」。

7月30日に行われた男子200m個人メドレー決勝で、3位のジェレミー・デプランシュ選手(26歳)に数秒差で惜しくもメダルを逃した瀬戸大也選手(27歳)は、そう語った。

東京オリンピックでは3種目に出場した瀬戸選手ですが、金メダルを狙っていた400m個人メドレーでは予選敗退となりました。200mバタフライでは、準決勝で敗退しました。残る200m個人メドレーの予選は16位と惜しくも敗退しました。

メダル獲得には至らなかったものの、レース後の瀬戸選手は、200mバタフライ予選後の「ネットでいろいろ言われて嫌になった」というコメントとは打って変わって、「スッキリした」と晴れやかな表情を見せていました。

瀬戸選手は、その「逆ギレ発言」の後、携帯電話を見ないようにして「気持ちを切り替えた」という。また、昨春まで一緒に仕事をしていたコーチは、瀬戸選手が200m個人メドレーの予選をギリギリで通過したことを心配して、アドバイスをしてくれたそうです。瀬戸選手の周りの人たちは、『何か苦しいことをしてあげたい』と言っていました。

瀬戸選手と一緒に決勝に進んだ萩野公介選手(26歳)も、「大也と一緒に泳げたことは、神様からの贈り物としか思えない」と感激していました。仲間の存在は、瀬戸選手にとって大きな励みとなり、行動や考え方に大きな変化をもたらしたに違いない。

奥さんも陰で奮起していた。

メダルを獲得することはできなかったが、瀬戸は最後に勇姿を見せることができた。その裏では、妻の馬淵優佳さんも奮闘していた。彼女は、夫のレース中もテレビ出演に忙しかった。

3月26日の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演した際には、「観客がいなくて、選手を直接応援することができない分、今回はSNSの言葉が選手によく届く」とコメントしていた。オリンピックはまだ始まったばかりですが、SNSでも心温まる声援で応援していただければと思います」とコメントしています。

また、優佳さんは、決勝大会の予選日である28日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にも出演。番組では、夫に「頑張ってください」と冗談めかしてエールを送っていた。その一方で、瀬戸の合宿中に仕事と子育てに奮闘する由香の姿も映し出された。

“瀬戸 “は女性問題が原因でスポンサーを失い、出場停止処分を受けた。由香はショックを受けたが、家庭を立て直したいという強い思いもあった。

現在、彼女はライター、コメンテーター、タレントとして活躍している。瀬戸選手のレース後も、スポーツ新聞の取材を受けていた。夫の再出発のために、経済的な支援や家での食事の手伝いなどをしているという。

“瀬戸は、「失敗から学び、感謝の気持ちと謙虚さを持って、夢に向かって3年間精進していきたい」と2012年のパリ五輪への意気込みを語った。仲間や家族とともに、新たな目標に向かって動き出している。