ゴルフは、オリンピックでは珍しい「2位決定戦」が行われるかもしれません。金、銀、銅のメダルを決定し、プレーオフを行う場合もあります。

“東京五輪男子ゴルフ “最終日の霞ヶ関CC(1位、パー71)の様子

最終日は、メダルをかけた大バトルが繰り広げられました。1位、2位、3位に同じスコアの選手が複数いた場合、プレーオフが行われます。プレーオフは上位3名が決まるまで行われ、状況によっては翌日に延期されることもあります。

プレーオフが1組(金、銀、銅)の場合は、18ホール、10ホール、11ホールの順で、決定するまで行います。プレーオフが2組の場合は、金メダルと銀メダルのプレーオフは18ホール、10ホール、11ホールの順に、銅メダルのプレーオフは11ホール、18ホール、10ホールの順に、メダルが決まるまでプレーします。

1位に複数の選手が並んだ場合は金メダル、3位に複数の選手が並んだ場合は銅メダルをかけた3位決定戦が行われます。

もちろん、2位に複数の選手が並んだ場合でも、順位を決めるプレーオフが行われ、オリンピックでは非常に珍しい「2位決定戦」が行われる可能性もあります。