東京オリンピックの最大の悲劇!? アンゴラの男子100メートルチームは、笑顔で五輪に臨むが、一気に退場させられてしまう。

東京オリンピックで最も不運な選手は、7月31日、陸上競技の男子100メートル前哨戦に出場したアベニ・ミゲル(18歳)であると歴史に刻まれるかもしれない。

東京から1万4,000キロ離れたアフリカ南西部のアンゴラからはるばるやってきた18歳の選手である。紹介されたときには笑顔で手を振り、大舞台を楽しんでいるように見えた。しかし、彼はフライングで退場させられてしまった。…. 自分のミスに気づいた彼は、両手で顔を覆ってその場に立ち尽くしてしまった。

あまりにも残酷な結末に、ネット上では同情の声が上がっていた。競馬に例えて、「凱旋門賞のように、パドックで馬が放たれて除外されてしまう。一歩も動かずに帰ってくると泣いてしまうのもわかります。飛行機のルールは厳しすぎる」と、ルールの見直しを求める声が上がっている。

アンゴラの首都はルアンダ。アフリカでも有数のバスケットボール強国として知られている。今大会には、水泳選手、柔道選手、陸上選手、ヨット選手、ハンドボール選手など、総勢20名が参加しています。