ベッテル、燃料が足りず失格。9人のドライバーが順位を上げ、角田裕毅は自己ベストの6位でフィニッシュした…ハンガリーGP|F1

2021年のF1シーズン第11戦ハンガリーGPのレース終了後、セバスチャン・ベッテルは、必要な量の燃料サンプルを採取しなかったために失格となりました。必要な量の燃料サンプルを採取しなかったため、レース失格となりました。

アルファタウリの角田裕毅は、アゼルバイジャンGPでの7位を上回る自己最高位の6位でフィニッシュ。

レースは、序盤に多発したクラッシュにより赤旗中断となり、赤旗直後に全車がインターミディエイトタイヤからミディアムタイヤに交換した。レース終了後、ベッテルのマシンは燃料切れとなり、表彰式に出席するためにコース上にマシンを停めていました。しかし、必要な量の燃料サンプルを採取しなかったため、失格となってしまった。

スチュワードの裁定によると、ベッテルは自分のクルマから約0.3リットルの燃料しか採取できなかった。これは、いつでも1リットルの燃料サンプルをクルマから採取できるようにしなければならないという規定に違反している。

アストンマーティンは、この決定をFIA(国際自動車連盟)に不服として訴えていますが、レギュレーション違反による失格処分が取り消されるかどうかは、現時点では不明です。

また、レースのオープニングラップでは、バルテリ・ボッタスとランス・ストロールがそれぞれ他車を巻き込む多重クラッシュを起こしました。この結果、両ドライバーには、次戦ベルギーGPでの5グリッド降格のペナルティが課せられました。