“日本に衝撃を与えた! 100mでアジア新記録を樹立した蘇炳添に中国が熱狂! “私たちのヒーロー、アジアの栄光”【東京オリンピック】。

8月1日、東京オリンピックの陸上競技は、最も “華やか “な出来事に沸いていた。

男子100メートル決勝では、イタリアの男子100メートル決勝では、イタリアのラモントマルチェル・ヤコブス選手が、ライバルを抑えて優勝しました。選手が9秒80で優勝し、オリンピックの100メートルにおける「ポスト・ウサイン・ボルト」の初代チャンピオンとなりました。

決勝レースでは、9秒98の6位に終わったものの、存在感を示したのは中国の蘇秉燭(スー・ビンシャオ)選手でした。準決勝の第3グループに登場すると、猛烈な勢いでスタートを切り、一気にスピードを上げて1位でゴールしました。自身のアジア記録である9秒91を上回る9秒83を記録した。

結果的にメダルは獲得できませんでしたが、中国国内では大フィーバーとなり、同国最大の全国紙である「人民日報」は彼を手放しで賞賛しました。同国最大の全国紙「人民日報」は、「彼はメダルを獲得できなかったが、自分の限界に挑戦し、それを超え、尊敬を勝ち取った」と手放しで称賛し、「彼は中国の誇りであり、英雄であり、アジアの栄光である」と付け加えた。彼は中国の誇りであり、英雄であり、アジアの栄光である。新しい歴史を作った男に敬意を表しましょう!」と述べています。新しい歴史を作った男に敬意を払おう!」と述べました。

また、スポーツ紙「新浪体育」は、「蘇炳添の走りは、東京五輪を開催する日本にも衝撃を与えた」と書き、元陸上競技ハードル選手の為末大氏のツイートを紹介している。準決勝の後、「アジア人が決勝で走っているのはすごいことだ」とツイート。もし彼がメダルを獲得したら、陸上界にとっては今回のオリンピックで最も衝撃的な瞬間となるでしょう。

さらに、なぜか同紙は元プロ野球選手の上原浩治氏のツイートも掲載している。こちらは、「陸上競技…。男子100m、あっという間に終わりました…。もちろん、本当に速いですよ…。アジア記録!? うちのハムちゃんがピクピクしています」と書かれています。