【卓球女子チーム】 日本は全試合ストレートで勝利!準々決勝に進出し、ハンガリーに勝利【東京オリンピック 卓球女子日本代表】

8月1日、いよいよ東京オリンピック卓球競技の団体戦が始まりました。日本女子チーム(伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)は、1回戦でハンガリーチーム(マリア・ファゼカス、サンドラ・ペルゲル、ドラ・マダラス)と対戦し、全試合ストレート勝ちで準々決勝に進出しました。

第1ゲーム、石川・平野ペアはファゼカシュ・ペルゲルペアと対戦し、第1、第2ゲームを11-7で連取しました。第3ゲームでは、ハンガリーペアが意地を見せ、接戦を11-8で制し、ストレート勝ちを収めた。

エース対決の第2ゲームでは、伊藤選手がマダラス選手を圧倒。第2ゲームでは、伊藤がマダラスを圧倒し、第1ゲームの2-2から9ポイントを連取して11-2で勝利すると、第2ゲームでは、粘り強い相手を圧倒して11-6で勝利しました。第3ゲームでは、マダラス選手が素晴らしいプレーを見せましたが、11-6で勝利し、日本に1次リーグ突破のチャンスが訪れました。

第3ゲームでは、今大会シングルス初出場の平野選手が、第1ゲームからペルゲル選手を寄せ付けずにプレー。今大会のシングルス初戦に臨んだ平野選手は、第1ゲームからPengel選手を寄せ付けず、11-3、11-5で次々と勝利しました。日本選手全員が持ち味を存分に発揮し、順当にベスト8入りを果たしました。