萱和磨さん “やっぱり金メダルを取りたい” 3年後のパリに向けて「銅メダルスタート」

“東京五輪体操男子あん馬の決勝”(1月1日、有明体操競技場)

日本の萱和磨選手(24)=セントラルスポーツ=が14.900点で銅メダルを獲得しました。跳馬のスペシャリストとして出場した亀山耕平選手は14.600点で5位でした。この種目で日本選手がメダルを獲得するのは、2004年のアテネ大会の鹿島丈博選手以来となりました。萱和磨選手は、「失敗しない男」というニックネームが示す通り、その競争心を発揮しました。

リオ五輪の金メダリストであるウィットロック選手(イギリス)が15.583点の高得点を出して1位となり、他の選手にプレッシャーをかけました。何人かの選手が失敗したり転倒したりする中、ケイの出番がやってきました。

序盤から難易度の高い技を着実にこなし、演技が進むにつれ、目立ったミスもなく大きな横技を披露し、着地も成功。Eスコアはやや低めでしたが、予選での14.833を上回る14.900点を獲得しました。演技後は、派手なガッツポーズで喜びを表現した。

授賞式後に放送されたTBSのインタビューでは、安間のレベルの高さを意識してこの大会に臨んだことを明かし、「対戦相手のことは気にせず、本当に自分のことだけを考えようと思っています。結果はどうでもいいと思っていました。自分に集中した結果が銅メダルだったので、とても嬉しかったです」と結果を受け止めつつ、「でも、金メダルが欲しいということを再認識しました」と語った。

結果については、「メダルを狙えるか狙えないかというところでしたが、あきらめなければ必ず何かが起こると信じていました。今日は自分でチャレンジして、その通りの演技ができたので、本当に今日の自分を褒めてあげたいと思います」と語った。

ケイの体操への情熱は今も燃え続けている。”団体決勝で銀メダルを獲得した後、今日の銅メダルはパリのスタートの銅メダルだと思います。”やはり金メダルを獲りたいので、3年後のオリンピックに向けて今から練習しておきたいですね。

ケイ選手は、抜群の安定感から「失敗しない男」と呼ばれ、2004年のリオ大会では補欠という悔しさを味わったものの、5年前から体操のナショナルチームに所属し、待ちに待った舞台で団体戦の銀メダル獲得に貢献した。また、個人戦でも表彰台に立ちました。

萱和磨は1996年11月19日、千葉県船橋市生まれ。セントラルスポーツに所属。小学校2年生から体操を始め、習志野高校3年生の時に全国高等学校総合体育大会個人総合で優勝。その後、順大に進学し、2003年世界選手権では跳馬で3位、団体優勝、2007年世界選手権では平行棒で3位、2008年全日本選手権では個人総合優勝を果たした。身長は163cm、体重は53kg。