猛暑日は今年一番の暑さに!39都道府県で熱中症対策を実施

本日4日(水)は、東北地方や九州地方を中心に厳しい暑さが続き、今年一番の35度以上の気温になる可能性があります。引き続き、熱中症に注意が必要です。
沖縄では、台風に変わる熱帯低気圧の影響で、これから明後日6日(金)までの間、天気が荒れる見込みです。大雨、強風、高波などが予想されます。

39都道府県で「熱中症注意報」を発令

4月4日(水)、東北や北陸、山陰では午前中から気温が上昇し、新潟では午前10時30分頃に36度を超える地点もありました。
予想最高気温は、福島、甲府(山梨)、佐賀、熊本などで37℃、山形、熊谷(埼玉)、名古屋、大阪、福岡などで36℃となっています。危険な暑さが予想され、猛暑日の数は今年最多の150ポイント近くに達する可能性があります。東京都心では、朝からかなり蒸し暑くなっていますが、昼過ぎには今年初めて35℃以上の猛暑日となる見込みです。

東北から九州までの広い範囲で「熱中症警報」が発令されています。これから日没までの間、できるだけ外出を控え、室内では無理をせずにエアコンを使用し、こまめに水分補給の時間をとるなど、熱中症対策が必要です。

4日(水)の午後は、北海道では雨が広がり、東北や東日本の内陸部を中心に激しい雷雨となる可能性があります。今夜遅くは、東北を中心に大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水などに注意・警戒が必要です。
沖縄では、台風に変わる熱帯低気圧の影響で、雷を伴った激しい雨が降る所があり、風も次第に強まるため、激しい雨が降る可能性があります。8月5日(木)から6日(金)にかけては、大雨、強風、うねりを伴う高波が予想されます。

熱帯低気圧の動きにも注意が必要です。

沖縄の南にある熱帯低気圧から発達した台風は、明日5日(木)には沖縄の先島諸島に、明後日6日(金)には沖縄本島に接近する見込みです。
その後、7日(土)には奄美に接近し、8日(日)から9日(月)にかけては西日本や東日本に接近するため、3連休の天気に影響が出る可能性があります。

また、4月4日(水)9時に南シナ海で発生した台風9号は、来週前半には日本付近に追従・接近する可能性があります。今後の台風の進路や最新の気象情報に注意が必要です。