スペインが延長戦の末に決勝進出を阻まれ、エースの久保建英が「涙も出てこない」と言った理由

U-24男子サッカー日本代表は、またしても関門を突破できなかった。過去に2度負けている五輪の準決勝で、快進撃を続けていたU-24男子サッカー日本代表が涙を飲んだ。
東京オリンピック開催12日目、埼玉スタジアムで行われた準決勝。キャプテンの吉田麻也(サンプドリア)率いる日本代表は、U-24スペイン代表に圧倒されながらも必死に耐えていたが、両チーム無得点のまま迎えた延長戦のラスト10分、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)が決勝点を挙げたのだ。
金メダル獲得の夢を絶たれた日本代表は、6日に埼玉スタジアムで行われる3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦し、53年前のメキシコ五輪での銅メダル獲得の記録に並ぶことを目指します。

「できる限りのことをして、負けてしまいました。」

試合が延長戦に入ると、MF三好康児(レアル・マドリード)が両膝を抱えてピッチをぼんやりと眺めていた。試合が延長戦に入ったところで、三好康児(ロイヤル・アントワープ)と交代した。ピッチの外で夢の終わりを告げる笛を聞いていた。

“何も起こらなかった。できる限りのことをして負けたので、涙は出ませんでした。わからないですね。次の機会に。

試合後のフラッシュインタビューでの彼の姿は、そのショックの大きさを物語っていた。いつもはインタビュアーを見つめている視線が、終始下を向いていた。声のトーンも明らかに低くなっていた。話の合間には大きく息をついていた。

その目からは涙は出ず、それは逆に感情を押し殺すのが精一杯だったのだろう。スペインの印象を聞かれた久保は、目を伏せるのが精一杯だった。

「彼らは素晴らしく、強く、我々は良いプランを持っていると思っていたが、わずかに及ばなかったと思う。
7月31日の準々決勝で、U-24ニュージーランド代表をPK戦で破ってベスト4に進出した直後の、並々ならぬ決意を感じさせる一戦だった。延長戦を含めて120分出場したものの、ゴールを決められなかった久保は、「チームの力になれず、自分が迷惑をかけてしまった」と、準決勝での活躍を誓った。
“グループリーグが始まったときから、準決勝で普通にプレーすればスペインに行けると思っていた。1試合1試合を大切にしようと話していましたが、チームの勝利のために100%、120%、150%の力を発揮したいと思います。どうせあと2試合するのなら、最終日には決勝の舞台でプレーしたいですね」。

久保は、日本よりも1日早く終了した準々決勝で、スペインがU-24コートジボワールに5-2で勝利し、延長戦だけで3ゴールを挙げたことに高揚感を覚えていた。約束の地で第二の故郷と呼べる国と向き合える。約束の地で第二の故郷と呼べる国と対峙することに心を揺さぶられた彼は、大言壮語にも聞こえる言葉で自分に良いプレッシャーをかけた。

川崎フロンターレの下部組織でプレーしていた2011年の夏、当時小学3年生だった久保は、リーガ・エスパニョーラの名門バルセロナのカンテラ(下部組織)への入団テストに合格した。スペインでプロになることを夢見ていた久保は、異国の地でフィジカルとメンタルを磨き続けた。

年齢別に順調に昇格していったが、バルセロナは18歳未満の外国人選手の獲得・登録に違反したとして制裁を科し、久保は公式戦の出場停止処分を受けた。出場停止処分が解除される見込みがないため、久保は悩んだ末にバルセロナを退団し、2015年春に日本に帰国してFC東京の下部組織に入団した。

バルセロナを離れた久保は、2015年春に日本に帰国し、FC東京の下部組織に入団した。しかし、母国で再出発するにあたり、スペインへの憧れは残っていたという。国際移籍が可能になる18歳で再び海を渡る決断をし、18歳の誕生日である2019年6月4日を満了日とする異例のプロ契約をFC東京と結んだ。

同年6月14日、一時的に無所属となった直後にオファーを受け、レアル・マドリードと契約を結んだ。久保の夢は叶い、最初のシーズンはマジョルカで、昨シーズンはビジャレアルとヘタフェにレンタル移籍したのである。

彼の基礎を作ったのがスペインなら、彼を開花させ、国旗を背負える選手にしてくれたのもスペインだった。7月中旬、東京五輪のU-24日本代表に正式に選出され、事前キャンプに参加しました。東京五輪のU-24代表に正式に選ばれ、事前キャンプに参加していた7月中旬、久保は、U-24のスペイン戦が壮行試合として組まれていたことに感謝した。

「スペインを含め、これまでに出会ったコーチやチームメイトのおかげで今があるのはもちろん、自分の努力の結果でもあります。諦めなかった自分を素直に褒めてあげたいのですが、まだスタートラインに立っているわけですし、最初よりも最後が大事だと思っています」。

久保の言う「終わり」とは、短期的には金メダル獲得という目標を共有する東京オリンピックであり、長期的には引退までに残した実績や数字のことである。そして、いよいよ準決勝を迎え、前者が抽選されたときのように、グループAとグループCをそれぞれ勝ち抜いた日本とスペインが対戦する。

グループリーグの3試合すべてでゴールを決め、日本にリードと3連勝をもたらした久保は、スペインが試合を支配し続ける中、チャンスをうかがい続けた。

前半終了間際には、右サイドからドリブルで侵入し、カウンターを仕掛けた。ペナルティーエリアの右側から、逆サイドの右足で鋭いラストパスを出したが、シュートは走り込んできたMF旗手怜央(川崎フロンターレ)に阻まれた。

後半33分には、MF堂安律(PSVアイントホーフェン)からのパスを受け、ペナルティエリア左に侵入。角度のないところから左足でシュートを放ったが、ニアサイドのシュートはユーロ2020で活躍したDFウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)がセーブした。日本の最初の枠内シュートとなった。

そして、延長戦では、5試合連続で先発していた堂安とともにベンチに下がった。ペナルティーエリアの右隅でパスを受けたアセンシオが振り向きざまに、日本の一瞬の隙を突いてゴラッソを放った。

何度もボールを守っていた20歳の日本の守護神、谷晃生(湘南ベルマーレ)が、仕方なく緩やかな弧を描いてゴール左隅に完璧なシュートを打ち込んだのだ。それまでベンチに座っていた久保が前に出てチームメイトを鼓舞したが、吉田を前線に置いたパワープレーも実らず、ブラジルが待つ決勝の扉は閉ざされた。

“悔しいですね。個人的には、かなりタフな気分です。……”

久保は、前回のロンドン五輪で準決勝でメキシコに、3位決定戦で韓国に敗れた吉田とDF酒井宏樹(浦和レッズ)という、経験と新たな力を加えた3人のオーバーエイジ選手の名前を挙げた。
そして、「麻也さんとヒロキくんは、ここ(五輪)で4位だったので、メダルを狙おうという話になりました。個人的には、彼らにそういう思いをさせたくないので、100%の力を発揮して、最低でもメダルを取って帰りたい」と語った。

歴史は繰り返される。1968年のメキシコオリンピックの3位決定戦で、日本は釜本邦茂の2ゴールで開催国のメキシコを破り、銅メダルを獲得した。それから53年後、東京で開催されているオリンピックでは、開催国の日本とメキシコが再び銅メダルをかけて戦う。

フラッシュインタビューでは、吉田も前を向こうとしていた。

「次は勝たないといけない。メンタル面の話はあまりしたくないのですが、メダルを取りたいという気持ちが強い人が勝つのだと思います。もう一回、自分を追い込んで、メダリストとして笑顔でゴールしたいですね。

オリンピックの常套句に「銀メダルは負けて獲るが、銅メダルは勝って獲る」というものがあります。久保をはじめとする選手たちは、この悔しさを新たなエネルギーに変えて、「メダリストとして解散する」を合言葉に、グループリーグ第2戦で2-1で敗れたメキシコとの再戦に臨む。