河村市長のメダル噛みで波紋、「藤井瑞希」さんは「泣きそうになった」「消毒した」

河村たかし名古屋市長(72)が、ソフトボール日本代表の後藤希友選手(20)の金メダルに噛みついた問題で、スポーツ界から批判の声が相次いでいます。

この話題に、ロンドン五輪女子バドミントン銀メダリストの藤井瑞希さんがツイッターで反論しました。ロンドン五輪女子バドミントン銀メダリストの藤井瑞希さんは、この話題にツイッターで反応し、別の人に「経験」されたことを明かし、「私も経験しました…。私は泣きそうになりました。メダルを口にしていたので、彼は面白がっていただけだと思うのですが、本当に泣きそうになりました」と当時の心境を語りました。続けて、「その時はショックでしたが、しっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらって、たくさんの笑顔を見たので、忘れてしまいました。今後、このようなことが起こらないことを願っています」と願いを込めたようにツイートした。

河村市長は、同日に市役所を表敬訪問した後藤選手が、マスクを外して大胆に金メダルを噛んだことで批判を浴びた。

東京五輪の柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿さん(28)は、ツイッターで「映像を見たら、歯がぶつかる音がしていました。自分の金メダルを傷つけないように優しく扱っているにもかかわらず。私だったら泣いてしまいます。」と心境を吐露した。

また、フェンシングのメダリストで、オリンピック2連覇を達成した太田雄貴選手も、自身のTwitterで、「感染症対策やセレモニーの観点からも、選手への敬意が欠けていることに加えて、自分やチームメイトにメダルをつけたのに、『噛む』なんて。理解できなくてごめんなさい」と批判しました。