意外な日本語のフレーズがアゼルバイジャンのオリンピックチームの間で話題になっています。日本人は落ち込んだ時に何と言う?

東京オリンピックに出場しているアゼルバイジャンの空手チームでは、意外な日本語がトレンドになっています。61kg級の組手クラスに出場しているイリーナ・ザレツカ選手が、YouTubeに動画を投稿したのだ。過去に世界選手権や欧州選手権で優勝し、今大会での活躍が期待されているザレツカ選手は、YouTubeで「TOKYO 2020 DIARIES」や選手村での動画を公開し、注目を集めています。

Day#3と題されたこの動画では、選手村からバスに乗って直前の練習に臨んでいます。時差ボケと緊張で体内時計が狂い、「よく眠れなかった」と不機嫌な様子のザレツカ選手に、コーチが「日本人はこういうとき、何と言うのだろう?」落ち込んでいたザレツカは、コーチの姿と言葉に笑顔で「にっこり!」と日本語で連発!。するとすぐに笑顔になっていきました。

チーム内では「にっこり」が流行語になっているようで、コーチだけでなくチームメイトもよく使っているという。タイミングは、こだわらないようで、「アゼルバイジャンからは3人の選手が出る」と真剣に語っていた。みんなで結果を出せると信じている」と選手が言うと、その横から監督が顔を出して「にっこり!」と言っていた。逃げ出すシーンも見られた。

ザレツカが付けた字幕によると、「にっこり」はロシア語で「禁煙」という意味に似ているという。この動画には、日本の視聴者から「にっこり」のコメントが殺到した。勉強になりました」。

前日、ザレツカは眠れないときに村の食堂に行ったときの映像を公開していた。みんなが寝ていそうな時間帯でも笑顔で働く日本人スタッフと交流しながら、「こんな時間でも、みんな優しく迎えてくれるんですね」と感心した様子で紹介していた。