【訃報】中日の木下雄介選手が27歳で死去 7月6日の練習中に倒れて意識不明に。

7月6日の練習中に倒れ、救急搬送された中日の木下雄介投手(27)が亡くなっていたことが5日、分かった。入団4年目の昨シーズンにプロ入り初セーブを挙げ、今シーズンの飛躍を目指していたが、4月に右肩と肘の手術を受けた。一生懸命リハビリをしていましたが、彼が戻ってくることはありませんでした。トレーニングチームの中で出世してきた努力家の突然の悲報。チームへの影響が懸念されます。

現役選手の突然の訃報です。まだ27歳の若さで、3日に亡くなりました。彼はまだ27歳でした。復帰に向けて懸命にリハビリに励んでいましたが、今後も期待されていたプロ野球選手としての活動、そして愛する家族との生活に終止符が打たれたのです。

3月21日の日本ハムとのオープン戦で右肩を脱臼し、4月には肩と右肘の内側側副靭帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、「一日も早く復帰できるように頑張ります」と語っていた。しかし、リハビリに励んでいた7月6日。しかし、リハビリに励んでいた7月6日、ナゴヤ球場で息苦しさを訴えて倒れてしまいました。名古屋市内の病院に緊急搬送されました。その後も予断を許さない状況が続き、懸命に治療を行っていたが、実を結ばなかった。球団は、親会社である中日新聞社の職場予防接種制度を利用して新型コロナウイルスの予防接種を行っており、木下優を含む二軍選手は6月28日に1回目の接種を受けたが、今回の症例との因果関係は不明である。

不屈の精神を表現した人だった。小学館から駒大に入学したが、右ひじの故障で1年で中退した。故郷の大阪でスポーツジムのインストラクターをしていた。たまたま招待された草野球の試合で、久しぶりに硬球を握り、2年間のブランクがあったにもかかわらず、剛速球を連発した。2003年春、NPB入りを目指して四国の徳島に練習生として入団した。2004年、ドラフト1位で中日に入団。背番号は201から98に変更された。

2007年7月、交通事故で最愛の父を亡くし、「もう一度野球をやると言ったら、すごく喜んでくれた」という。2007年7月、最愛の父を交通事故で失った。悲劇に直面しても、それを乗り越えるための努力を惜しまなかった。昨年は、コロナの震災の影響で開幕が遅れた後、初めて18試合に登板し、プロとして初セーブを記録した。今シーズンは再び大怪我に見舞われたが、復帰することはなかった。

多くの困難を乗り越え、周囲の人々に勇気を与えた男の早すぎる死。ご家族、友人、同僚の方々の悲しみは計り知れません。

木下 雄介(きのした ゆうすけ) 1993年10月10日、大阪府生まれ。1993年10月10日、大阪府に生まれました。1993年10月10日、大阪府生まれ。3月21日のオープン戦で右肩を脱臼し、4月に右肩と肘の手術を受けた。これまでの成績は、37試合で0勝0敗1セーブ、防御率4.87。身長は1.83メートル、体重は80キロ。右投げ、右打ち。