森保監督「原爆の日」に銅メダルを、心の平安を持って臨みたい

サッカー日本代表の森保一監督(52)は、8月6日のメキシコとの3位決定戦を前に、8月5日に埼玉スタジアムで行われた公式記者会見で、涙ながらに「8月6日」への思いを語った。決戦の日である8月6日は、銅メダルを獲得するための重要な日であり、広島に原爆が投下された「原爆の日」でもある。森保監督は、8月9日に原爆が投下された長崎で育ち、プロとしてのキャリアは広島でスタートしました。また、コーチとしても多くの時間を過ごした。「原爆の問題は、彼とは切っても切れない関係にあります。”明日、8月6日、世界初の原子爆弾が広島に投下されます。原爆が投下され、多くの尊い命が失われ、大切な人たちの町や命も失われました。

オリンピックは、平和の祭典であり、スポーツの祭典でもあります。”オリンピックは平和の祭典であり、スポーツの祭典である “ということを、世界中の多くの人々と共有できればと思っています。”心の傷を抱えて生きている人がまだたくさんいる “ということを。また、オリンピックが平和の祭典であることの意義を実感しています。このオリンピックの開催期間中、8月6日に広島に原爆が投下され、多くの尊い命が失われ、街は破壊され、多くの人が今も傷ついています。また、長崎にも同じように2発目の原爆が投下されました。オリンピック期間中に8月6日が来るということは、平和を祝うということで、選手、スタッフ、関係者、そして世界中の皆さんと一緒に平和について考える良い機会です」と続けた。

日常は当たり前ではない。”平和だからこそ、スポーツの祭典ができるのです。平和だからこそスポーツフェスティバルができるし、平和だからこそ自分の好きなことができる。私は平和な気持ちでオリンピックや明日の試合に臨みたいと思っています。世界中には、戦争や紛争で命を落としたり、命を狙われたり、傷ついたりしている人たちがいます。人々が安全で安心して暮らせるようになることを祈っています」と、世界に向けてもメッセージを伝えました。

原爆が投下されたのは8月6日午前8時15分。「午前8時15分には黙祷を捧げ、命を落とした方々のご冥福をお祈りするとともに、今も苦しんでいる方々のために祈りたいと思います。