台風10号は8日(日)に関東に最接近し、大荒れの天気になる恐れがあります

画像:tenki.jp

台風10号は進路がほぼ決まり、8日(日)の朝には関東地方に最も接近しそうです。台風接近の前夜である土曜日の夜から雨が強まり、8日(日)の午前中は関東地方や東海地方を中心に荒れた天気になるでしょう。大雨や荒れた天気になるところもありますので、うねりを伴った高波、土砂災害、低地の浸水、河川の増水、強風などに注意してください。

予想される風や波の状況は?

7月7日(土)午前6時現在、台風10号は日本の南を東北東に向かって進んでおり、その予想進路が決定しています。

最も注意しなければならないのは、高波です。8日(日)は、東海・関東甲信地方の沿岸部を中心に強風または非常に強い風が吹き、大雪となる見込みです。

8月8日(日)の最大瞬間風速は、関東甲信地方で35メートル、東海地方で30メートル、東北地方で25メートルと予想されています。関東甲信や東海の沿岸部では、何かにつかまらないと通常の速度で車を運転できないほどの強い風が吹くでしょう。

風のピークは、東海地方では7日(土)の深夜から8日(日)の朝にかけて、関東甲信地方では8日(日)の早朝から昼過ぎにかけてとなっています。

さらに、8日(日)の波の高さは、関東甲信地方で7メートル、東海地方で6メートル、東北地方で5メートルと予想されています。

うねりを伴う高波に注意するとともに、強風にも注意してください。また、台風の接近は大潮の時期と重なりますので、高潮にもご注意ください。

どのくらいの雨が予想されますか?

今回の台風の特徴として、台風の中心の東側と北側に活発な雨雲があります。

そのため、台風の接近前から雨足が強まるでしょう。関東甲信地方や静岡県では、台風の接近に伴い、7日(土)の夜から8日(日)の朝にかけて雨量のピークを迎える見込みです。

特に8日(日)は、千葉県や静岡県の一部地域で「非常に激しい雨」となる可能性があります。「非常に激しい雨」とは、傘が全く役に立たないほどの滝のような雨が降り続くことを意味します。また、東向きの斜面では、雨の元となる “暖かい湿った空気 “が流れ込みやすくなるため、大雨になる可能性があります。

8日(日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、関東甲信地方と東海地方で200ミリ。9日(月)午前6時までの降水量は、関東甲信、東海、東北地方で50〜100ミリの見込みです。

土砂災害や低地の浸水、河川の増水などに注意するとともに、大気の状態が不安定なため、竜巻や落雷などの激しい突風にもご注意ください。

また、台風の進路や発達の度合いによっては、海上を中心に暴風や警報レベルの大雨となる可能性があります。最新の台風情報をご確認ください。

台風接近、海には近づかないで

台風10号の接近に伴い、7日(土)には東海・関東地方の沿岸部を中心に、次第に波が高くなり、大波になるところがあるでしょう。

絶対にしてはいけないことは、海に近づくことです。海を見に行く、サーフィンをする、釣りをするなどの行為は、高い波にさらされる可能性があり、大変危険です。海や船の状態が気になっても、絶対に見に行かないでください。

台風がまだ遠くにあるからといって、油断は禁物です。天候は穏やかでも、台風が発生させた「うねり」が到来して、突然の高波に見舞われる可能性があります。波浪警報・注意報が発令されているときは、むやみに海に近づかないようにしてください。