DJ社長の記念撮影にファン歓喜!?訴訟の中で、宮古島のドンキでの爆破事件の現場を

参考:Kobunsha

 

8月1日の午後7時前、レペゼンフォックスの現社長であるDJ(28)をはじめとするメンバーや友人たちは、沖縄県宮古島市のドンキホーテで食料品を購入していた。

“派手な髪の色とファッションで、他のお客さんに完全に注目されてしまった。中にはファンの方もいて、一緒に写真を撮ってもらうととても喜んでくれる女性もいました。「やった、写真を撮ってもらえた! もう死んでもいいわ! 死んでもいいや!” 子供たちの中には、とても興奮している者もいた。

2台のショッピングカートに、島バナナ、沖縄そば、ソーセージなどの沖縄の食材や、さんぴん茶や日本酒などの飲み物を並べていた。

DJは、昨年末に解散した5人組の人気音楽グループ「レペゼンチキュウ」のリーダー。

“レペゼンチキュウ “解散の理由は、当時所属していた事務所との金銭的・権利的トラブルと言われています。解散後、メンバーはレペゼンフォックスを結成し、自分たちの事務所を立ち上げましたが、今年5月、レペゼン地球の運営会社が著作権をめぐってメンバーを提訴しました。

一方、DJは6月1日に自身のYouTubeで、事務所の独立に伴い「レペゼン地球」の名前を使えなくなったこと、楽曲の権利は元の事務所に帰属することを発表した。再生回数は1000万回を突破した。双方の主張は平行線のままで、7月29日には第1回目の口頭弁論が行われています。

DJ社長は、本当に困った人たちの中にいる。ドン・キホーテの後、宮古島の別荘に泊まった。

“飲み足りない “ということで、知り合いの店に移動して飲みに行ったようです。

休養のための休暇でしたが、お酒を飲みたい気分だったのかもしれません。このトラブルが解決することを願っています。